時のエレメント

ラドー ニュー コレクション

多様性、汎用性、そして生涯にわたってすばらしいルックスを保つデザイン。「バーゼルワールド 2018」はラドーの調和的な世界を形作るこれらの要素をすべて一つに合わせました。革新的な新しいハイテクマテリアル、世界をリードするデザイン、そして豊富な種類のカラーと仕上げは、まさにラドーの本質を最もよく表現しています。

ラドー バーゼルワールド 2018 360°バーチャルツアー

今年のバーゼルワールドで発表したラドーの新製品を真っ先に見たい方のために、ラドーのブースをご自宅でも快適に鑑賞できる360°バーチャルツアーをご用意いたしました。HyperChrome(ハイパークローム)、DiaMaster(ダイヤマスター)、True Thinline(トゥルー シンライン)を含むラドーのコレクションの新製品。ラドーファンにとっては必見のツアーです。

カラー セラミックス
ラドーが誇る魅力的なカラー セラミックス のカラーバリエーションをご覧ください。

RADO HYPERCHROME BRONZE(ラドー ハイパークローム ブロンズ)

古代とアバンギャルドの出会い

古代と現代の要素をシームレスに融合したハイパークローム オートマティック クロノグラフがブロンズとハイテクセラミックス構造の美しいコントラストをなすモデルで登場です。

RADO TRUE THINLINE NATURE(ラドー トゥルー シンライン ネイチャー)

自然からインスピレーションを受けたラドーのデザイン

自然界の要素をデザインに取り込んだトゥルー シンライン ネイチャー コレクションは、自然とイノベーションとが美しく一体になった、まさにラドーの真髄を究めたタイムピースです。

RADO TRUE THINLINE BRONZE (ラドー トゥルー シンライン ブロンズ)

ブロンズの奇跡

デザインとマテリアルに対する前衛的なアプローチで名高く、セラミックス製時計のデザインで世界をリードするラドー。トゥルー シンライン コレクションに4種類のハイテクセラミックスカラーが新登場した昨年の成功を受け、大胆で力強いトゥルー シンライン ブロンズの発表です。

RADO HYPERCHROME ULTRA LIGHT(ラドー ハイパークローム ウルトラ ライト)

ハーモニーをなすコントラストの習作

新しいハイパークローム ウルトラ ライトは画期的なマテリアル、革新的なエレメント、目を見張るデザインという、ラドーならではの要素をすべて備えています。

RADO HYPERCHROME SKELETON AUTOMATIC CHRONOGRAPH(ラドー ハイパークローム スケルトン オートマティック クロノグラフ)

隠すものは何もない

ラドーの時計作りの能力、デザインに関するノウハウ、そしてモダンなメンズファッションのスタイルについての理解を余すところなく表現したハイパークローム スケルトン オートマティック クロノグラフは、あらゆる場面において、一瞬で目を引くこと間違いありません。

RADO TRADITION 1965(ラドー トラディション 1965)

ラドーが21世紀向けに1960年代のクラシックモデルを再生

マンハッタンのスカイラインにインスピレーションを得て生み出された1965年のオリジナルモデルは、長方形の時針・分針やインデックス、正方形のデイ/デートカレンダーウィンドウ、そして9時位置にアイコニックなラドーのレッドの錨のシンボルといった要素を取り込み、幾何学的デザインを特徴としています。新しいトラディション 1965 XLにもこの美学が受け継がれていますが、それと同時に、ラドーの有名な革新的なマテリアルとデザインが統合されています。

RADO DIAMASTER PETITE SECONDE COSC(ラドー ダイヤマスター プチ セコンド コスク)

トップクラスの精度を誇るラドーウォッチ

「マテリアルの名匠」と呼ばれることはラドーにとって非常に大きな誇りです。新しい領域の地図を絶えず作製していくのと同じように、マテリアルの革新的な組み合わせの探究が休みなく続けられています。

RADO DIAMASTER(ラドー ダイヤマスター)

さらに高いレベルのデザインへ

ダイヤマスターの新モデルはデザインに対するラドーの大胆なアプローチを示すとともに、他とは異なることを貫くラドーの勇敢な姿勢がいかに成功しているかも証明しています。

RADO DIAMASTER CERAMOS(ラドー ダイヤマスター セラモス)

シンプルでブリリアント

シンプルであることは輝かしくあるための重要なカギです。ダイヤマスター セラモス コレクションはまさにこのカギであると言えます。このコレクションには「ブリリアント」という言葉のあらゆる意味 - 明るさ、印象的な鮮やかさ、独創性 - が表現されています。