DiaMaster Prajun

R14058905

DiaMaster Prajun

1,001本限定生産のDiaMaster Prajun(ダイヤマスター プラジャン)はタイのファッションデザイナー、クワンカオ・スヴェタヴィマラとのコラボレーションから生まれた作品です。「プラジャン」はタイ語で「月」を意味し、月とオープンハートダイアル、マザーオブパール、ダイヤモンド、そして人目を引くブレスレットを含めるのがクワンカオのビジョンでした。境界を押し拡げ、ユニークでモダンな技術を活用することによってラドーはこのビジョンを実現し、コンパクトでクラシックな時計を生み出しました。

続きを読む

製品情報

ムーブメント: 自動巻

サイズ: 35.0 mm

プレシャスストーン: はい

リミテッドエディション: リミテッドエディション 世界限定1001個

総重量: 129 グラム

プレシャスストーン: ダイヤモンド60、0.258 カラット

詳細を見る

推奨販売価格 (消費税込)
販売店を見つける

RADO OFFICIAL ONLINE STORE

現在、以下の国へ配送が可能です。該当のオフィシャルオンラインショップでのお買い物をお楽しみください。

製品情報

R14058905 | 01.734.6058.3.490

ケース

厚さ: 10.6 mm

防水性: 防水 5 bar (50 m)

クリスタル: サファイアクリスタル、反射防止コーティング

ダイアル

マザー オブ パール: はい

ダイアル: ライト

宝石: ダイヤモンド2、0.004 カラット / ダイヤモンド3、0.002 カラット /

ムーブメント

ムーブメント パワーリザーブ: 最大80時間

ブレスレット

ブレスレット: レザー

イージークリップ: はい

ブレスレットナンバー: 07.09125

キャリバーC07 – スケルトン

C07自動巻ムーブメントのバレルが設計し直されたので、バレルのスプリングにより多くのエネルギーを蓄えることが可能です。スイス製の高品質が保証されたC07は最大で80時間の長時間パワーリザーブ機能を備えているので、数日間着用しない場合でもリセットする必要がありません。隠すものは何もない時計をお探しの方には完璧な一本です。

DiaMaster Prajun

NEW FACE OF AN OLD LEGEND

A stylish and elegant version of Rado’s ultra-durable watches, the DiaMaster family draws its inspiration from classic old-school simplicity. The new face of Rado has a new face of its own: large open dials for easy readability and an unobscured view. Unveiled with a complete redesign, the collection is delightfully diverse, ranging from masculine, supersized chronographs to dainty, diamond studded bijous.

Never before has a Rado been created in such a dazzling array of dial designs and materials. With masterfully crafted materials such as high-tech ceramic, sumptuous leather, or carbon-diffused steel, the Rado DiaMaster ensures that time is always on your side.

保証書

ラドー製品をご購入されたお客様は、世界中で有効な24ヶ月間の延長保証をご利用いただけます。2年間の保証期間内であれば全ての欠陥について無料で修理を受けることができます。

保証書をお好みの言語でダウンロード
ダウンロード

ユーザー マニュアル

マニュアルが見つかりませんか? お使いのラドー製品のPDFマニュアルは、お好みの言語でこちらからすばやくアクセスできます。

 

 

マニュアルをお好みの言語でダウンロード
ダウンロード

This website uses cookies. By continuing to browse it, you agree to their use. To find out more about cookies and how to manage them, please click here.