瞬間を感じる

瞬間を感じる

ラドーは30年以上にわたり、テニスのスポンサーを務めてきていて、コートで観客を魅了するプレイを見せている注目の選手たちをサポートしています。

アドバンテージ、ラドー

アドバンテージ、ラドー

芝でもクレーコートでもハードコートでも、テニスはラインぎりぎりの勝負です。ラドーのタイムピースもぎりぎりの勝負で差をつけるのが大切。ハイテクセラミックスやサファイアクリスタルなどの革新的なマテリアルを取り入れて、ラドーはアドバンテージを得て、ごく自然なスタイルを表現しています。

アシュリー・バーティ

世界を感動させたキャリア

アシュリー・バーティは2021年のウィンブルドン選手権、そして全豪オープンに優勝した後、2022年初めに現役を引退しました。ワクワクするようなパフォーマンスや優雅で力強い彼女のプレイスタイルは多くのファンを魅了しました。

ラドーとのパートナーシップは、彼女の選手人生のかなり早い時期から始まり、現役のテニス選手を引退した後も続いています。人生の新しい一章を始めようとしているラドーのブランドアンバサダー、アシュリーと共に歩みつづけられることを私たちも大変楽しみにしています。

ATPツアー + WTAツアー

オフィシャル タイムキーパー

テニスの国際トーナメントのスポンサーを務めてきたラドーは豊かな伝統を築いています。30年以上にわたり、ラドーのコーナークロックが毎試合、一秒一秒の時を刻んできました。タイミングこそがすべてを意味するこのスポーツで、ラドーはプレイの中心にあります。

スイス・インドア(バーゼル)

スイス・インドア(バーゼル)

スイスで最も愛されているスポーツイベントは、数十年にわたる輝かしい歴史を持っています。ビョルン・ボルグ、イワン・レンドル、ジョン・マッケンロー、ボリス・ベッカー、ピート・サンプラスなどの名選手が歴代優勝者に名を連ねています。地元の英雄ロジャー・フェデラーは、かつてはボールボーイとしてこのトーナメントに出ていましたが、通算10回優勝で、この大会の最多優勝者です。

エルステ・バンク・オープン(ウィーン)

エルステ・バンク・オープン(ウィーン)

満員の観客のヴィーナー・シュタットハレで開かれるエルステ・バンク・オープンは、オーストリアのスポーツイベントの山場の一つです。1974年の発足以来、アンドレ・アガシやトーマス・ムスター、ドミニク・ティエム、アレクサンダー・ズベレフなど多くのレジェンドが名勝負を繰り広げ、優勝トロフィーを手にしてきました。

メキシコ・オープン

メキシコ・オープン

メキシコ・オープンは中南米で最も名高いトーナメントで、過去25年以上にわたり、偉大なテニス選手たちが出場してきました。2001年から、リゾート地アカプルコで開催され、太平洋と緑の丘陵に挟まれた、テニスをするには絶好のロケーションです。

EFGスイス・オープン・グシュタード

EFGスイス・オープン・グシュタード

EFGスイス・オープン・グシュタードはスイスで最も歴史のあるテニストーナメントで、この誇らしい記録は1915年まで遡ります。ベルナー・オーバーラント地方のグシュタードで開かれるこの大会には、ステファン・エドベリやイリ・ナスターゼ、トニー・ローチ、ロッド・レーバー、ボリス・ベッカー、ヤニック・ノア、ジム・クーリエなど数多くのビッグネームが出場し、2004年大会ではロジャー・フェデラーが優勝を飾っています。

リヨン・オープン

リヨン・オープン

2017年に新設されたリヨン・オープン(正式名称:オープン・パルク・オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ リヨン)は、伝統的に全仏オープンの1週間前に開催されます。クレーコート トーナメントは、ATPツアー250シリーズの一部であり、モンペリエ、マルセイユ、メッツ、パリと並んでフランスで開催される5つのATP大会のうちの1つです。開催された過去4回のうち2回は、地元フランスのブノワ・ペールとジョー=ウィルフリード・ツォンガが優勝しています。2020年トーナメントは、新型コロナウイルスのため中止になりました。2022年大会には、ラドー ヤングスターズのキャメロン・ノリーとウーゴ・アンベールもタイトルを目指して参加します。

長期的な取り組み
swiss-tennis-logo
ラドー + スイス テニス

長期的な取り組み

ラドーは2016年からスイス・テニス協会のパートナーとしてスイスのテニスをサポートしています。このサポート活動の一環として、毎年3万人以上の選手が参加する、スイス最大のテニス大会「ラドー・インタークラブ・チャンピオンシップ」のスポンサーも務め、近年は、スイスで行われる国際テニス連盟のプロトーナメント全大会を含むスイス・テニス国際ツアーのプレゼンティングパートナーにもなっています。このように、ラドーはスイスにおけるテニスの発展のために重要な貢献を行っています。

ラドー ヤングスターズ

ネクストジェネレーション・ATPファイナル

世界的に有名になったラドーの「ヤングスターズ」プログラムは、将来有望で最もエキサイティングな若手テニス選手を何人かサポートしています。目標は、トップクラスへの道を駆け上っていく勇敢なプレーヤーたちで構成されるチームを作ることです。ラドーは一歩一歩、選手たちのあゆみをサポートしていきます。

「テニスにおいても、時計作りにおいても正確性は一番大事です」

「テニスにおいても、時計作りにおいても正確性は一番大事です」

ラドーの期待の新星の一員にプロテニス選手、キャメロン・ノリーが最近加わりました。南アフリカ出身、ニュージーランド育ち、2013年からはイギリスに国籍を変更。キャメロンは現在、最高のシーズンを過ごしています。ジュニア時代には世界の上位10位以内入りを果たした彼は現在25歳。2021年はツアーレベルの試合で35勝、メキシコのアビエルト・メキシコ・ロス・カボス大会ではATPツアー初優勝。キャリア最高の29位にランキングしています。今シーズンはATPツアーでこれまで4回決勝に進出。ミレニアム・エストリル・オープン、リヨン・オープン、クイーンズ・クラブ選手権と苦杯を舐めましたが、4度目でついに念願のプロ入り初優勝を果たしました。

「テニスにおいても、時計作りにおいても正確性は一番大事です」

コート外での生活でもスポーツはキャメロンにとって大切です。テニスやバスケットボール、クリケットを観戦してリラックス、アメリカンフットボールも大好きで、サッカーでは特にニューカッスル・ユナイテッドのファンです。音楽を聴いたり、試合がない時はビーチでも過ごします。

rado-linda-noskova

トップを目指して

リンダ・ノスコワが「ラドー ヤングスターズ」の一員に加わります。ジュニアで素晴らしい成績(最高ランキングが世界5位。2021年には全仏オープン優勝)を収めた後、ITFで6回優勝を果たし、すでにWTAランキングでは上位100位以内にランクインしています。しかもリンダは、弱冠17歳で2つのグランドスラムで本戦出場しています。今までで一番の金星はUSオープンで憧れのセリーナ・ウィリアムズをダブルスで破った一戦です。

トップを目指して

テニスやスポーツ全般を好むほか、リンダは大の猫好きで、サステナビリティや動物保護について積極的に発言もしています。リンダをラドー・ファミリーにリンダに迎えることができ、トップを目指す彼女の歩みをサポートできることを大変楽しみにしています。

デザイン

デザインは、ラドーの多くの画期的なタイムピースの重要な礎、そしてラドーブランドのDNAに組み込まれているものです。

未来の歴史

先見的な研究と最先端のマテリアルテクノロジーの伝統。ラドーの歴史について詳しく学びましょう。